本文へ移動

製造業のためのDX講座

~DXの推進ポイントや具体的な方法を探る~
                  
                お申込みはこちら
 激動する時代の変化に対応するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが製造業でも加速しています。しかし、その取り組みは業務改善やシステム刷新レベルで止まることもあり、多くの企業が課題や悩みを抱えています。そこで、本講座では製造業に求められるDXについて、その基本的な考え方から企業の取り組み事例を通して、DXの推進ポイントや具体的な方法を探ります。

開催スケジュール ~1テーマ毎のお申込みも可能です~ ※全日程オンライン開催

第1回
 9/15(水)
15:00~16:30
「モノづくりの現場におけるスモールDXの推進」
~ニューノーマル時代における未来の戦略づくり~

きづきアーキテクト㈱                 代表取締役
ファクトリーサイエンティスト協会         理事 工学博士         長島  聡 氏  
≪講師プロフィール≫
 早稲田大学理工学研究科博士課程修了後、早稲田大学理工学部助手を経て、1996年ローランド・ベルガーに参画。自動車等の製造業を中心に500を超えるプロジェクトを手がける。同社日本代表、グローバル共同代表を経て、2020年10月よりRoland Berger Holding GmbHのシニアアドバイザーに就任。2020年7月に新事業を量産する会社、きづきアーキテクトを創業。ファクトリーサイエンティスト協会理事、次世代データマーケティング研究会代表理事、ベンチャー企業のアドバイザー、政府系委員等も多数務める。また、自動車産業、インダストリー4.0/IoTをテーマとした講演・寄稿を数多く行う。主な著書に『AI現場力』、『日本型インダストリー4.0』(いずれも日本経済新聞出版社)がある。

≪講演のポイント≫
 不確実性の高いニューノーマル時代において、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが推奨されている。中でもモノづくり企業においては、現場起点のDXを推進し、生産性向上、省人化を通じて時間を捻出するファクトリーサイエンティストという人材の育成が求められている。そこで本講演では、DXの本質とモノづくりにおけるDXの推進、そして、DXを活用した未来の戦略づくりについてご紹介いただく。
第2回
 9/22(水)
15:00~16:30
「設計から製造までのデジタル技術活用によるDX推進」
~開発リードタイム短縮に向けた取り組み~

         COLMINA事業本部PLMソリューション事業部
富士通㈱                    シニアマネージャー         野崎 直行 氏
 富士通は、製品開発において、市場環境変化による製品の多様化およびカスタマイズ化への対応や、納期短縮への対応といった課題を抱えていた。そこで、設計のデジタル化プラットフォームである「FTCP」を構築することで、製品開発プロセスのうち設計から製造に至る部分において業務がデジタル化され負荷が低減し、手戻りの減少や品質の向上、納期短縮を可能にした。今回はこれらの取り組みについてご紹介いただく。
第3回
 9/29(水)
15:00~16:30
「デジタルを介して人と設備が共創するモノづくり」
~現場の働き方を変えていくIT/IoT活用~

㈱デンソー    モノづくりDX推進部 Factory IoT室 室長        石橋 基弘 氏

 デンソーでは、2015年に、「あたかもひとつ屋根の下にあるかの如く」をスローガンに掲げ、F-IoTプロジェクトが発足。各拠点工場間で情報を共有することで、品質や設備総合効率の向上を実現する仕組みづくりに取り組んでいる。その中で、日々の製造現場では、目的を決めてデータを取りに行くのではなく、常にデータがある状態を作り問題の真因に対処するデータドリブンな働き方を追求している。今回はこれらの具体的な取り組みについてご紹介いただく。

第4回
10/6(水)
15:00~16:30
「DXの取り組みを牽引するデータ分析人材の育成」
~取り組みの成果と今後の課題~

ヤマハ発動機㈱            IT本部デジタル戦略部 主査         大西 圭一 氏

 ヤマハ発動機は、2018年1月にデジタル戦略部を新設し、デジタルテクノロジーの活用を加速させている。同社では、データを意思決定の際の材料に使うデータドリブンな経営の実践を狙っており、そのためデータ分析スキルの民主化を加速させている。今回は、データを活用した事業課題解決とデータ分析活用を推進するためのデータ分析人材の育成に関する取り組みについてご紹介いただく。

開催要領

とき
①2021/9/15(水) ②9/22(水) ③9/29(水)④10/6(水)
開催形態
オンライン開催(全日程)※Zoomを使用します
対象
モノづくりに携わる管理、監督者
参加費
【全4回セット申込み】
会員:44,000円 ・ 一般:77,000円
【1テーマ毎の申込み】
会員:14,300円 ・ 一般:25,300円
※視聴される方お一人当たりの金額です。(視聴される方全員のお申込みが必要です。)
※消費税10%込み
備考
申込締切日:【全3回セット申込み】・・ 9月 8日(水)
      【1テーマ毎の申込み】
           「第1回」・・・ 9月 8日(水)
           「第2回」・・・ 9月15日(水)
           「第3回」・・・ 9月22日(水)
           「第4回」・・・ 9月29日(水)
       ※申込期限に遅れる場合は予めご連絡ください。

※参加費は、請求書に記載の期日までに指定銀行へお振り込み願います。なお、銀行へ支払う振込手数料に 
   つきましては、お客様のご負担となりますのでよろしくお願いいたします。
※各申込締切日程以降の参加取り消しにつきましては、参加費の返金を致しかねますのでご了承下さい。 
※講師の都合などの事情により、日程・時間・内容の変更をさせていただく場合がございます。
※申込受付後、1人目の参加申込者の方宛に請求書及び受付確認書(人数分)をご送付申し上げます。

【注意事項】下記事項を確認、同意の上、お申込みをお願いします。 

1.講演の録画、録音、配布資料記載事項の無断転載、オンライン参加の場合は画面撮影、画面キャプチャー、

  SNSなどへの掲載を固くお断りいたします。その様な行為が発覚いたしました場合、事務局より削除を要請、または講師より請求されます損害賠償を請求させていただきます。 

2.当方に起因しないシステムトラブルにより画像・音声に乱れが生じた場合については、再送信や返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

3.登録者並びに代理参加以外のご参加はご遠慮願います。(オンラインの場合、視聴URL等は参加されるご本人のみ有効です。第三者への転送はご遠慮ください。)

4.本注意事項については、代理参加となった場合は、代理参加者に自動的に適用されます。 

問い合わせ先:吉村・村田 TEL052-221-1261
TOPへ戻る