本文へ移動

物流

2019年度 生産物流研究部会

テーマ

全体最適の物流による生産性向上~モノと情報がスムーズに流れる仕組みづくり~

趣旨

モノと情報の流れをスムーズにすることで、ネック・停滞の部分を見える化し、工夫・改善を行い、生産性向上に結び付いた事例の研究を通して、モノづくりにおける全体最適物流について考察します。

年間登録費

会員 80,460円・一般 118,260円(税込8%)

日程

第1例会
6/11(火)・12(水)
お客様のニーズに即応できるモノの流し方と工程づくり
~新製品を見据えた“現場発信型“の改善活動~
トヨタ車体㈱
吉原工場
第2例会
8/8(木)・9(金)
生産と物流が調和したサプライチェーン改革
~生産と物流が調和した整流化・自動化の取り組み~
㈱LIXIL
深谷工場
第3例会
10/3(木)・4(金)
ロボットと人の融合による物流倉庫の効率的な運営
~ロボット導入に現場の改善ノウハウをプラス~
キムラユニティー㈱
春日井東事業所
第4例会
11/19(火)・20(水)
人中心の工程づくりにおける構内物流改善
~運搬・ムダな手扱いの削減~
㈱デンソーテン
中津川製作所
第5例会
2020/1/15(水)
ネジ出荷数増加に対応した物流体制の構築
~蓄積データの活用と物流作業の効率化でリードタイム短縮~
サンコーインダストリー㈱
東大阪物流センター
第6例会
2020/2/20(木)・21(金)
XPWによる構内物流の改善活動
~部品の受入れから払い出しの整流化~
富士ゼロックスマニュファクチュアリング㈱
鈴鹿事業所

2019年度 【後期】IEベーシックコース ※準備中

開催日

10/8(火)~計13日間

テーマ

基本的なIE手法の理解と改善実践力の養成

趣旨

生産現場で改善活動を実践する上で必要となる基本的なIE手法について、実務家による講義(計8日間)を通して習得。その後、日々自社で改善活動に取り組むインストラクターの指導の下で、実際の生産ライン(量産ライン)を対象にした現場改善実習(計5日間)を体験。理論と実践の融合により、生産性向上に向けた改善活動のポイントと進め方について学ぶとともにその楽しさを体感します。

講師

企業実務家、学識者

現場実習先

㈱東海理化 音羽工場

参加費

会員 272,800円・一般 327,800円(税込10%)

2019年度 【前期】IEベーシックコース ※募集終了

開催日

5/8(水)~計13日間

テーマ

基本的なIE手法の理解と改善実践力の養成

趣旨

生産現場で改善活動を実践する上で必要となる基本的なIE手法について、実務家による講義(計8日間)を通して習得します。その後、日々自社で改善活動に取り組むインストラクターの指導の下、実際の生産ライン(量産ライン)を対象にした現場改善実習(計5日間)を体験。理論と実践の融合により、生産性向上に向けた改善活動のポイントと進め方について学ぶとともにその楽しさを体感します。

講師

企業実務家、学識者

現場実習先

豊田合成㈱ 平和町工場

参加費

会員267,840円・一般321,840円(税込8%)
TOPへ戻る