本文へ移動

第58回 中部財界セミナー

開催概要

テーマ
雲外蒼天 ~コロナ禍から新しい産業社会の創造へ~
趣旨
 新型コロナウイルスの感染拡大により、モノや人の流れが分断され、一時的なサプライチェーンの崩壊や、感染拡大防止を徹底するために経済活動が一部制限され、景気は急減速するなど、世界中に多大な影響を及ぼしました。終息の兆しが見えない現状において、今まさに世界、日本の経済社会システムは、改革が求められています。
 しかし、依然として、我が国においては人口減少、少子高齢化が確実に進んでおり、財政や社会保障制度の改革などの課題は取り残されたままです。さらには、SDGsに代表される社会的課題の解決、周回遅れのデジタル化の促進、社会経済のあらゆる部門での生産性向上などの諸課題解決も急務となっております。
 こうした中、わが国が持続的に成長・発展し、活力ある国づくり、地域づくりを進めていくためには、このコロナ禍をばねに、新たな発想を持ち、社会や企業のあり方、人々の働き方、暮らし方に至る、全てにおいて変革を加速していくことが一段と重要になってきています。
 その実現には、成長の原動力である我々企業経営者一人ひとりがこの状況に対し、アントレプレナーシップを持ち、これら諸課題にスピード感を持って取り組むとともに、「新常態」に適応する新しいビジネスモデルを創造していくことが強く求められています。
 第58回中部財界セミナーでは、「雲外蒼天」~コロナ禍から新しい産業社会の創造へ~をテーマに、上記のような課題意識を踏まえ、日本の成長と新たな中部の創造に向け、企業および社会のあるべき姿と我々経営者が取るべき方策を探りたいと考えます。
 ご多忙な折とは存じますが、皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます
 
とき
2021年2月4日(木)10:30~17:00
ところ
オンライン
※本セミナーでは以下の配信ツールを使用致します。事前にアプリケーションのダウンロード、またはテスト動画を視聴確認の上、お申し込みいただきますようお願い申し上げます。
1)Zoom
事前にZoomアプリケーションのダウンロードと基本動作の確認をお願いいたします。
Zoom公式ダウンロードページ
 
2)Vimeo
PCへのアプリケーション等のインストールは不要です。事前に下記視聴確認ページ内のテスト動画の再生ができることをご確認ください。
視聴確認ページ
 
※最新版のブラウザを使用している場合でも、社内のセキュリティ設定等により再生ができない場合がございます。その際は貴社関連部門に、設定等の確認をお願いいたします。
対象
中部地域企業経営者(一部学識者を含む)
参加費
会員・一般共に:34,650円
(お一人につき、資料代・消費税10%含む)​

2020年度中部財界セミナー開催にあたって

 
中部財界セミナーは毎年2月に、都心の喧騒から離れた環境で、現役の経営者が直接語り、
参加者とともに、これからの経営のあり方を考える場として継続開催しており、2019年度より、岐阜にて開催をしております。
 
しかしながら、本年度につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止を最優先とし、
オンラインにて開催をすることとなりました。
 
そのため、参加者である経営者、役員の交流・ネットワークを深める分科会討議や、懇親交流会、着席形式のトークサロンは、本年度は残念ながら、中止することとなりました。
 

プログラム

2月4日(木) 10:30~17:00

10:30~
【開会挨拶】
 一般財団法人中部生産性本部  会長  小倉 忠
        (㈱ノリタケカンパニーリミテド 取締役会長)
10:40~11:50
【基調講演】
「危機を乗り越える経営改革~企業経営とは何か~」
 
 富士フイルムホールディングス㈱  代表取締役会長兼CEO  古森 重隆 氏
 座長:日本特殊陶業㈱       取締役会長        尾堂 真一       ⇒プロフィール
13:00~15:10
 【座談】
「コロナ禍から新しい産業社会の創造へ」
 ~デジタル化とアントレプレナーシップでイノベーション~

 
 富士通㈱       理事 首席エバンジェリスト  中山五輪男 氏
 ㈱MUJIN     CEO兼共同創業者      滝野 一征 氏
 コーディネーター:
 ㈱経営共創基盤(IGPI) IGPIグループ会長     冨山 和彦 氏 
 座長:東邦ガス㈱     取締役会長          安井 香一           ⇒プロフィール
15:30~16:50
【特別講演】
「コロナ、AIは生き方・暮らし方をいかに変化させるか」
 ~ゴリラ研究から考えるヒトの未来形~
 
 京都大学       前総長      山極 壽一 氏
 座長:愛知製鋼㈱   元会長                      ⇒プロフィール
16:50~17:00
【閉会挨拶】
 中部経済同友会  代表幹事  盛田 淳夫
        (敷島製パン㈱ 取締役社長)

詳細・講師プロフィール

基調講演

「危機を乗り越える経営改革~企業経営とは何か~」
                                               ⇒プログラム
世界の写真フィルム市場を席捲してきた富士フイルムホールディングス㈱。しかし、21世紀の初め、デジタルカメラの出現により、その市場は数年で市場規模が10分の1以下にまで激減するという会社存続の危機に直面しました。そして、自社技術の活用範囲をゼロから見直すなど、経営改革の結果、同社は危機を乗り越え、半導体材料などの高機能材料事業や、化粧品などのライフサイエンス事業、医療用画像システムのメディカルシステム事業など、新たな事業構造を持つ、さらに大きな企業に生まれ変わりました。さらに、同社は、このコロナ禍においても、「予防」「診断」「治療」の全てのヘルスケア領域で新型コロナウイルス感染症の流行抑止に貢献する取り組みを進めています。本講演では、危機を乗り越え、今なお進化を続けている富士フイルムホールディングスを率いる古森氏に、自らのご経験を交え、これからの企業経営のあり方について、お話しを頂きます。
富士フイルムホールディングス㈱    代表取締役会長兼CEO  古森 重隆 氏
 
1939年生まれ。1963年東京大学卒業後、富士写真フイルム(現富士フイルムホールディングス)に入社。主に印刷材料や記録メディアなどの部門を歩む。1996~2000年富士フイルムヨーロッパ社長。2000年代表取締役社長、2003年代表取締役社長兼CEOに就任。デジタル化の進展に対し、経営改革を断行し事業構造を大転換。液晶ディスプレイ材料や医療機器 などの 成長分野 に 注 力 し、業績 をV字回復 させた。2012年6月から代表取締役会長兼CEO。公益財団法人日独協会会長。日蘭協会会長。2007~2008年NHK経営委員会委員長。

座談

「コロナ禍から新しい産業社会の創造へ」
 ~デジタル化とアントレプレナーシップでイノベーション~
                                                    ⇒プログラム
現在、世界・日本・中部はコロナ禍により社会、経済、企業活動から人々の働き方、暮らし方に至るまで、嫌が応でも変化せざるを得ない大きな影響を受けています。今後はこれまでの常識から脱却し、ニューノーマルに対応した社会経済システムへのパラダイムシフトを一段と加速していく必要性がますます高まっています。本座談会では各界の第一線で活躍される講師陣をお招きし、変革の核となる、周回遅れと言われるデジタル化や、スタートアップ企業育成の促進をいかに取り組むべきか、アフターデジタル思考やアントレプレナーシップの視点を交え、コロナ後の産業社会をいかに創造していくか論議を進めます。
富士通㈱                理事 首席エバンジェリスト  中山五輪男 氏
 
1964年5月 長野県伊那市生まれ。法政大学工学部電気工学科卒業。複数の外資系ITベンダーさらにはソフトバンク社を経て、現在は富士通の理事および首席エバンジェリストとして幅広く活動中。AI、クラウド、IoT、スマートデバイス、ロボットの5分野を得意分野とし年間200回以上の全国各地での講演活動を通じてビジネスユーザーへの訴求活動を実践している。様々な書籍の執筆活動や複数のTV番組出演での訴求など、エバンジェリストとしての活動をしつつ、国内30以上の大学での特別講師も務めている。
㈱MUJIN            CEO兼共同創業者     滝野 一征 氏
 
製造業の中でも世界最高の利益水準を誇る超硬切削工具メーカー、イスカル社の日本支社で、生産方法を提案する技術営業として活躍。日本での厳しい生産現場を渡り歩いたことによって得た幅広い知識や現実的な視点から、現場でロボットによる自動化が進まない状況を目の当たりにする。それらの解決を図るべく2011年に出杏光魯仙(であんこう・ろせん)博士とMUJINを設立。物流・製造現場における産業用ロボットの知能化という世界唯一の革新的テクノロジー通じて、深刻化する少子高齢化による労働力減少の社会的課題などに対し貢献すること使命とし、労働力の減少によって起こる技術進歩を牽引、世界の生産性向上に貢献している。
㈱経営共創基盤(IGPI)     IGPIグループ会長    冨山 和彦 氏
 
BCG、CDI代表取締役を経て、産業再生機構COOに就任。機構解散後、2007年にIGPIを設立し代表取締役CEO就任。2020年10月より現職。パナソニック社外取締役。 経済同友会政策審議会委員長。財務省財政制度等審議会委員、財政投融資に関する基本問題検討会委員、内閣府税制調査会特別委員、内閣官房まち・ひと・しごと創生会議有識者、内閣府総合科学技術・イノベーション会議基本計画専門調査会委員、文部科学省中教審実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する特別部会委員、金融庁スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議委員、経済産業省産業構造審議会新産業構造部会委員他。 東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士(MBA)、司法試験合格。

特別講演

「コロナ、AIは生き方・暮らし方をいかに変化させるか」
 ~ゴリラ研究から考えるヒトの未来形~
                                                    ⇒プログラム
新型コロナウイルスの感染拡大で、移動と密集によって発展してきた人間社会は、新たな生活様式への変化は避けられない状況になり、オンラインでのコミュニケーションや働き方を一段と加速させることとなりました。 しかしながら、食事を始めとした以前のような「三密」の状況が生み出す人と人とをつなぐコミュニケーションは、人間の持つ信頼関係の基礎となる同調と共感を育む重要な役割をもっていたということを再認識するなど、発達する情報技術とどのように共存してくのか改めて考える機会ともなっています。 本特別講演では、ゴリラ研究の第一人者の京都大学 前総長の山極氏から、人間の本質に立ち返ったとき、新たな生活様式や発達する情報技術と我々はどのように共存して行くのか、ヒトの未来形についてお話しを頂きます。
京都大学              前総長           山極 壽一 氏
 
1952年東京都生まれ。京都大学理学部卒、同大学院理学研究科博士後期課程単位取得退学。理学博士。屋久島で野生ニホンザル、アフリカ各地で野生ゴリラの社会生態学的研究に従事。1992年よりコンゴ民主共和国で人と自然との共生を目指したポレポレ基金というNGO活動を推進。京都大学総長、日本学術会議会長、国立大学協会会長、総合科学技術・イノベーション会議議員、日本霊長類学会会長、国際霊長類学会会長を歴任。著書に『スマホを捨てたい子どもたち』(ポプラ新書)、『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』(朝日文庫)、『ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」』(毎日新聞出版)等

ご参加お申し込みにあたって

① オンラインでのご参加にあたって

1)本セミナーは以下の配信ツールを使用致します。事前にアプリケーションのダウンロード、またはテスト動画を視聴確認の上、お申込み頂ますようお願い申し上げます。

◆Zoom

事前にZoomアプリケーションのダウンロードと基本動作の確認をお願いいたします。
(ブラウザ上からも参加できますが、最新版のアプリケーションをダウンロードしてご視聴いただくことを推奨いたします。)
Zoom公式ダウンロードページ
https://zoom.us/download

◆Vimeo

PCへアプリケーション等のインストールは不要です。事前に視聴確認ページのテスト動画が再生できることをご確認ください。
視聴確認ページ
https://www.ks-seisaku.com/Zaikai/TEST/index.html
※最新版のブラウザを使用している場合でも、社内のセキュリティ設定等により再生ができない場合がございます。その際は貴社関連部門に、設定等の確認をお願いいたします。

2)ご参加に当たりマイク、Webカメラのご準備をいただく必要はございません。
3)2月1日にお申し込みのメールアドレスに視聴URLをお送りします。
※メールが届かない場合は事務局までお問い合わせください。
4)皆様がご利用のシステムのトラブルにより画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんのであらかじめご了承ください。
5)配信中に異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
6)視聴URL等は参加されるご本人様のみ有効です。第三者への転送はご遠慮ください。

② 受付後、参加費請求書をご連絡担当者の方へお送り申し上げます。参加費につきましては、請求書に記載の振込み期日までにお振り込み願います。
参加費のお支払いの際に発生します振込手数料については、お客様にてご負担願います。
申込締切日 …… 2021年 1 月 15 日(金)
③ キャンセルは、1 月29日(金)までにお願いいたします。それ以降の参加費の払戻しはいたしかねますので、代理の方のご派遣をお願いいたします。
④ 新型コロナウイルスの感染拡大状況、講師の都合などの事情により、日程・時間・内容並びに開催形態の変更をさせていただく場合がございます。
⑤ 講演内容、資料の撮影・録画・録音、またそれらデータのホームページ・ブログ・SNS等、インターネット上へのアップロードはお断りいたします。

お申込み・お問合せ

 視聴確認ページ
※ Zoomのアプリケーションをインストールしてご視聴予定の方はご確認頂く必要はございません。
下記ボタンからお申し込みをお願いいたします。
 
 お申込みはこちら
 
 
一般財団法人中部生産性本部
 
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-15-15 豊島ビル11階
TEL:052-221-1261 / FAX:052-221-1265
TOPへ戻る