本文へ移動

事業内容

研究部会

12のテーマ・分野別の「集い・学び・語り合う」ネットワーク

研究部会は先進企業の事例発表や専門家からの講演を中心に開催し、研究部会によっては視察会や参加者交流の場を設けています。“年間登録形式”(年間5~6例会開催)で運営しており、ご登録いただくと、各例会の約1ヶ月前に開催の詳細内容をお知らせし、出欠の確認を行います。代理参加も可能であり、内容・テーマに合わせて参加者を人選いただける運営スタイルが特長です。

大会・集い

旬なテーマを捉えた組織運営の視点からのアプローチと業種・業界・部門の枠を越えた交流

中部生産性本部は、会員組織が持続的に成長・発展し、活力溢れる地域づくりに寄与していくという大きな使命があります。その為に必要となる、社会・経済のあらゆる分野における生産性向上を推進すべく、企業労使が直面する課題を的確に捉えた事業を企画・開催し、タイムリーかつ幅広い視点からの情報提供と交流の場の設置を通じ、中部経済、ひいては日本産業界全体の発展に寄与していきます。

能力開発

人・組織に関わる様々なテーマを深堀りして課題・問題解決を支援する

ワークライフバランス、ダイバーシティ推進、働き方改革など、人・組織に関わる課題は多岐に渡ります。中部生産性本部では、会員からのニーズに真摯に向き合い、課題解決に向けたプログラムの提供と会員組織の更なる発展、従業員、組合員の幸せに向けて、能力開発を中心としたセミナー事業を実施しています。

海外視察

海外の先進的な社会制度や企業経営、オペレーション等を現地現物で学ぶ

現地への先進企業への視察訪問を通して、現地現物で体感し、実務に活かすためのヒントを見つけるとともに、約1週間の視察に加え、事前・事後の勉強会(会合)を重ねることで、参加メンバーの交流を推進しています。視察団終了後も、メンバー間でOB会(年1回)を開催し、継続して企業の枠を越えた密な人的交流を支援します。

中堅中小企業支援

中部地域の屋代骨を支える中堅中小企業の競争力向上を支援

中部地域産業を支える中堅中小企業の経営革新をサポートすべく、経営面(経営者育成)、技術面(新製品開発)の視点から、2012年より新設しました。とりわけ、新製品開発の分野では、参加企業が新たな製品の開発に成功し、新聞にて紹介されました。

一般財団法人中部生産性本部
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2丁目15-15
TEL.052-221-1261
FAX.052-221-1265

TOPへ戻る