本文へ移動

事業活動方針

2021年度 事業活動方針

会 長  小 笠 原   剛
(株式会社三菱UFJ銀行 顧問)
 
 
 
  
 新型コロナウイルス感染症を発端とした、ニューノーマルの広がりは、生活様式の変容とともにビジネス環境にも大きな変化をもたらしています。働き方の多様化やDXなどICTを活用した新しいビジネスの進め方の定着は、組織の在り方やマーケティング戦略を前提から覆し、新たな視点・手法・プロセスでのアプローチが必要な時代となっています。
 一方で集えないからこそ「集う」ことの価値や、リモートだからこそ「リアル・コミュニケーション」の価値など、これまで当たり前であった価値に改めて気づかされる時代でもあり、顧客や市場の変化の中から、新たなインサイトに向けたビジネスをデザインする創造力と、困難の中次の一手に打って出る決断力がビジネスパーソンには必要となっています。
 2021年度中部マーケティング協会は、激変の時代に企業がとるべきマーケティング戦略の在り方について情報提供と、その実践に向けて支援すべく、諸事業を展開してまいります

2021度 重点取り組み

 VUCA時代に柔軟に対応できるマーケティング人材の育成
  劇的な変化に対して的確に、迅速に、主体的に対応するマーケティングマインドの醸成
  困難な局面を打破する創造力・決断力の育成
 
 ニューノーマル時代における最新マーケティング情報提供
  新しい情報提供のスタイルを踏まえた最新マーケティング事例の紹介
  ゼロベースから未来を想像・創造するマーケティング戦略の在り方について情報提供
 
 リアルとリモート(バーチャル)を統合したコミュニケーションの場の提供
  現地現物の拘りと新しいワークスタイルを踏まえ、多様な人材との出会いの場の提供
  ニューノーマル時代の新たなビジネス・コミュニケーションの提供
TOPへ戻る