本文へ移動

生産現場改善研究部会

「愚直な改善活動こそがつくりあげる強い現場」
 
~知恵は無限、改善は永遠~           お申込みはこちら
現在モノづくり現場において、IT技術やビッグデータを改善ツールとし活用することで、改善スピードを向上させようとする動きが活発になってきています。しかしながら、それらの技術を価値に結びつける事が出来るのも、日々愚直な改善を繰り返すことで磨かれた強い現場が有るからです。そこで当部会ではコロナ禍において様々な制約が生まれる中であっても、徹底的なムダ排除へ、こだわりを持って改善活動を実践している事例を通して、改善の着眼点・発想法のポイントを掴み、これからの現場力の強化について考察します。

年間スケジュール

第1例会
 6/28(月)
​講演型
13:30~16:45
「スリムなラインづくりで競争力強化」
 ~負荷に応じて「直とライン数」を柔軟に変える体制構築
 トヨタ自動車㈱ 
            田原工場エンジン製造部長   宮藤 賢士 氏

 田原工場エンジン製造部では、2017年にトヨタ自動車初のアルミサスタワーを立ち上げたが、生産ピーク時は設備故障や品質不良対応で苦戦し、企画の3倍の人員配置をしていた。2018年には、必要人工の課題解決に加え、更なる減産への課題にも直面した。そこで、2019年からは、設備共用化や自働化、作業改善などを実施し、「寄せ止め」を実現。また、1個仕掛けの拡大や工程削減による在庫低減など「スリムな工程づくり」を目指してきた。今回はその具体的な取り組みについてご紹介いただく。
「チームの知恵と工夫によって磨かれる現場力」
 ~「やってみなはれ」精神で挑む「からくり改善」~
 サントリー食品インターナショナル㈱ 
  ジャパン事業本部生産・SCM本部技術部専任部長  岩渕 彰範 氏

 サントリー食品インターナショナルはグローバルに飲料・食品の製造・販売事業を展開しており、日本国内では天然水・各種清涼飲料の製造をサントリープロダクツが担っている。サントリープロダクツでは、現場力を高め人の成長・働きやすい職場づくりにTPMを活用し「やってみなはれ」の精神でPQCDSMEの様々なロス削減と改善活動に全員参加で取り組んできた。今回は現場のからくり改善を中心に具体的な取り組みについてご紹介いただく。
第2例会
 9/27(月)
講演型
13:30~16:45
「自発的改善を継続できる現場づくり
 ~全員参加のJIT改善活動による現場改善~
 三菱電機㈱群馬製作所                
             製造管理部製造企画課課長  黒田  晃 氏

 三菱電機群馬製作所は空気の熱でお湯を沸かすヒートポンプ技術を利用した「三菱エコキュート」の生産拠点である。これまで、真の問題点の見える化と自発的改善を継続できる製造現場の実現に向けて製造JITを支える3つの施策(生産性改善・品質改善・生産リードタイム短縮)と、それら施策を支える設備と金型の改善を推進してきた。今回はこれらの具体的な取り組みについてご紹介いただく。
「先進技術とチーム改善力でつくるスマートファクトリー
 ~全員参加の改善活動による、変動に強いフレキシブル生産方式の確立~
 リョービ       
              ダイカスト本部静岡工場長  井澤 龍介 氏

 リョービ静岡工場は、東海・関東市場のダイカスト製品の生産拠点として、主に自動車部品を生産している。厳しい経営環境の変化に対応するには、維持する力と改善する力を身に付けて、合理的で効率的に生産性を高めるためにTPM活動を15年以上に渡り推進。職場を跨いだクロスファンクショナルチーム活動では、現場の困りごとの改善、帳票類の電子化に取り組み成果を出している。今回はこれらの具体的な取り組みについてご紹介いただく。
第3例会
12/7(火)、8日(水)
工場見学型
13:30~17:00
 「ニーズに応えるNBKのモノづくり」
  ~寿司バーコンセプトの大転換~
  鍋屋バイテック会社 
                  代表取締役副社長  佐藤 雅英 氏

 鍋屋バイテック会社美濃工園はVプーリーなどの機械要素部品の生産拠点である。同社は、「お客様が必要とするモノを、必要なときに、必要な分だけお出しする」という「寿司バーコンセプト」という考え方でモノづくりを行っている。製造設備の自社開発や社員の多能工化により寿司バーコンセプトを支える「多品種微量生産」を実現している。今回はこれらの具体的な取り組みについてご紹介いただく。
第4例会
 2022/1/20(木)
​工場見学型
​13:30~17:00

「商用車づくりを極めた革新工場へ!そして世界のマザー工場へ!」

 ~世界で活躍できる人材と地域に根付いた町一番の工場づくり~    
 トヨタ車体㈱ いなべ工場
                  いなべ工場工場長  田之上 哲朗 氏

 トヨタ車体いなべ工場はトヨタの商用車から高級ミニバンの生産拠点として、お客様のもっといいクルマのために常に新車種やバリエーションを追加してきた。そのため、度重なる変化点で流れが乱流、また部品の種類増と大型化からスペースが圧迫されラインと物流の効率悪化が問題となっていた。今回は大規模な工場改装を図り、生産ラインから物流の流れを整流化し、効率の良いコンパクトなレイアウトへ変更すると同時に標準作業に拘った個々の改善について、TPSの基本を忠実に推進してきた具体的な取り組みについてご紹介いただく。
第5例会
 2022/3/9(水)
工場見学型
13:30~17:00
「オイルパン工程スルーでの原価低減」
 ~電動化時代でも圧倒的な競争力がある工程づくり~
 太平洋工業㈱ 東大垣工場
   プレス・樹脂事業本部 東大垣工場工場長(技監)  田中  博 氏

 太平洋工業 東大垣工場で生産している、ガソリンエンジンのオイルパンは、電動化により将来減産することが予想される中、量が減っても競争力を落さない"改善と備え"を工程スルーで進めてきた。「徹底的な省人」と「少人化の仕組み」を2本の柱とし、改善の考え方を"そもそも"(ゼロベース)から考え、人・設備・治具・物・種類・不良を減らし大きな効果を上げてきた。今回はその具体的な取組みについてご紹介いただく。

幹事

太平洋工業㈱
プレス・樹脂事業本部第3製造部部長
遠藤 安広 氏
大同メタル工業㈱
第5カンパニーTMBS工場工場長
吉村  宏 氏
㈱東海理化
生産調査部企画・総括室主幹
住田 正人 氏
トヨタ車体㈱
ものづくり推進部生産調査室室長
森  幸伸 氏
㈱豊田自動織機
生技生産本部生産管理部生産調査室主査
有元 隆二 氏
日本特殊陶業㈱
生産技術カンパニー生技統括部生産性管理課課長
大月 正一 氏

開催要領

とき
①2021/6/28(月) ②9/27(月) ③12/7(火)、8(水) ④2022/1/20(木) ⑤2022/3/9(水) 
ところ
①②  …中部生産性本部 セミナールーム / オンライン(Zoomを使用します) 
      〒460-0003 名古屋市中区錦2-15-15 豊島ビル11階
③④⑤ …各受入先工場
対象
IE、生産技術、生産管理、製造部門、改善推進スタッフ 等
年間登録費
会員:82,500円 ・ 一般:121,000円 (消費税10%込) [1口1名登録]
備考
申込締切日:2021年 6月21日(月)
※年間登録費は、請求書に記載の期日までに指定銀行へお振り込み願います。なお、銀行へ支払う振込手数料に 
   つきましては、お客様のご負担となりますのでよろしくお願いいたします。
※6月22日(火)以降の参加取り消しにつきましては、年間登録費の返金を致しかねますのでご了承下さい。


【運営方法】

①新型コロナウイルスの感染拡大状況、講師の都合などの事情により、日程・時間・内容並びに開催形態の変

   更、参加の制限をさせていただく場合がございます。

②新型コロナウイルス感染予防対策として、事務局・講師・参加者の体温測定や手指消毒、換気、座席の間隔

   確保、机の消毒等を実施しております。詳細につきましては、ホームページ(https://www.cpc.or.jp/ie/)

   をご覧ください。

③各例会とも原則、ご登録をいただきました方々を対象に開催いたします。(代理出席可能)
④各例会開催の約1カ月前に登録メンバーに詳細案内をメールにて連絡いたします。(例会毎に出欠確認をとりま
   すので必ずご返信ください)
⑤各例会とも指定いたしました集合場所・時間にご集合下さい。
⑥都合により若干の日程変更になる場合がありますのでご了承願います。
⑦各例会とも録音・写真撮影はご遠慮願います。
⑧年間の運営ガイダンスは第1例会実施の際に行います。

【注意事項】下記事項を確認、同意の上、お申込みをお願いします。 

1.講演の録画、録音、配布資料記載事項の無断転載、オンライン参加の場合は画面撮影、画面キャプチャー、SNSなどへの掲載を固くお断りいたします。その様な行為が発覚いたしました場合、事務局より削除を要請、または講師より請求されます損害賠償を請求させていただきます。 

2.(オンラインの場合)当方に起因しないシステムトラブルにより画像・音声に乱れが生じた場合については、再送信や返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

3.登録者並びに代理参加以外のご参加はご遠慮願います。(オンラインの場合、視聴URL等は参加されるご本人のみ有効です。第三者への転送はご遠慮ください。)

4.本注意事項については、代理参加となった場合は、代理参加者に自動的に適用されます。


問い合わせ先:吉村・広瀬 TEL052-221-1261
TOPへ戻る