本文へ移動

IEとは・中部IE協会とは

『IE』=『MIE』儲けるIEへ

IE(インダストリアル・エンジニアリング)とは

 IEとは、人・もの・設備ならびに情報を総合し、最適な生産システムを設計・確立することです。
端的にいえば、ムダ、ムリ、ムラを徹底的に排除するためのツールです。企業の規模、製品の特徴、工程、設備の特徴、従業員の特徴等を十分理解し、利益確保のために今、何がいちばんの問題点であるかを正確に把握して、これにもっとも適したIEの方策を考案し、実践し、定着させることが重要であります。

中部インダストリアル・エンジニアリング(IE)協会とは

 中部IE協会は、1959年の設立以来、中部産業界における経営力の向上、ならびに生産性向上に 寄与することを目的に活動しており、IEに関しての「産」・「学」一体による人材育成活動、企業訪問を中心とした研究部会活動、実務にすぐに役立つ専門情報提供活動、グローバルマネジメントを現地で調査研究する海外視察団活動などを通して、IEの普及、啓蒙、推進を展開する団体です。
 IEは結果として、利益の増進を得るものでなければなりません。「利益を得る」という結果こそが、 企業にとって重要であり、いくら立派なIE理論を導入しても儲からないなら、意味がないと考え、「現地」「現物」「現実」主義に基づき、企業ニーズに即応した実践的なIE事業活動を展開しています。
TOPへ戻る