本文へ移動

IE改善塾

トヨタ生産方式に学ぶ改善の進め方


              
                                                                               お申込みはこちら
競争力に優れる現場を作り上げ、それを高い水準で維持・向上していく為には、基本的なIE手法を活用、駆使しつつ、効果を上げる為に有効な対策(改善)を講じていかねばなりません。
 そこで本セミナーでは、改善を進める上での様々な手法、切り口の中から、ジャスト・イン・タイム(JIT)・自働化の概念を二本柱として、リードタイム短縮を意識した停滞のないモノづくりを目指す「トヨタ生産方式」を支えるモノの見方・考え方を学びます。併せて、実際にトヨタ生産方式を導入して改善を進める生産現場の見学を通して、IE推進者、現場改善担当者として改善推進のために必要な考え方、手法、スキルの獲得を目指します。

プログラム

ー1日目 講義ー
会場(中部生産性本部セミナールーム)またはオンライン(Zoom)
講義:10:00~17:00
    造り方研究所                   尾ヶ口 正春 氏 
.トヨタ生産方式を支えるモノの見方・考え方 
 1.トヨタ生産方式とは  
 2.ムダの排除による原価低減(7つのムダ)
 3.見かけの能率と真の能率、稼働率と可動率   
 4.停滞の少ないモノづくり(如何に停滞をなくすか)
 5.ジャスト・イン・タイムと自働化  
 6.少人化とは

Ⅱ.標準作業  
 1.標準作業の目的  
 2.標準作業の3要素(タクトタイム・作業順序・標準手持ち)
 3.標準作業の三票(工程別能力表・標準作業票・標準作業組合せ票)
 4.改善を進めるための4M(人・モノ・設備・方法)からみた着眼点

Ⅲ.ジャスト・イン・タイム(JIT)の推進  
 1.ジャスト・イン・タイムを仕組みで捉える
 2.リードタイム短縮を阻害する原因とは
 3.かんばんの目的と使い方
 4.段取り替え改善の進め方(内段取りと外段取り)
 
Ⅳ.職場における実践・展開に向けて
 1.トヨタ生産方式から見た4MとS(安全)・Q(品質)・C(コスト)の関係
 2.目指す姿(改善の姿)の決め方
 3.改善を受け入れる組織風土の醸成  
 4.全ての基本となる行動哲学
   ①改善魂とは         ②ニーズ先行が前提
   ③三現主義が土台 ④論より実践(議論は停滞)土台

ー2日目 現場研究ー 
大豊工業㈱ 岐阜工場
現場研究:9:30~15:00 
① 会社概要説明
② プレゼンテーション
   「大豊工業㈱におけるトヨタ生産方式の展開と現場改善」
    大豊工業㈱   グローバル生産支援部主査  鈴木  雄 氏
③ 工場見学(現場研修)
④ グループディスカッション
   ―昼食・休憩―
⑤ 発表・質疑応答

まとめ:14:00~15:00
   造り方研究所                              尾ヶ口 正春 氏

講師

造り方研究所  尾ヶ口 正春 氏
1966年 豊田合成㈱入社。製造業務に従事した後、生産調査室へ異動。以後、約20年にわたってTPS(トヨタ生産方式)の推進に携わり、その実践を通してTPSの真髄を学び、社内・関連会社を指導する。2007年に同社を定年退職の後、同年、造り方研究所を設立。現地現物の視点からモノづくりの指導に携わると同時に、製造業における人材育成に取り組んでいる。

現場研究先

大豊工業㈱ 岐阜工場
【主な製品】エンジンベアリング アルミダイカスト製品

開催要領

とき
2022/3/7(月)10:00~17:00、3/10(木)9:30~15:00
ところ
1日目 座学】会場またはオンラインの選択制 
  会場:中部生産性本部 セミナールーム 
          〒460-0003 名古屋市中区錦2-15-15 豊島ビル11階
  オンライン:「Zoom」を使用
【2日目 現場研究】ご来場参加のみ
  大豊工業㈱ 岐阜工場 (岐阜県可児郡御嵩町)
  名鉄「新可児駅」より貸切バス(またはタクシー)にて移動。マイカーでのご来場可。
  詳細につきましては、参加証にてご案内申し上げます。
  ※昼食について・・・ 1日目(3/7(月))は会場周辺にて各自お召し上がり下さい。
             2日目(3/10(木))は事務局にてご用意いたします。
持ち物
【2日目 現場研究】作業着、帽子(自社のもので可)、保護メガネ(メガネをかけていらっしゃる方はオーバーグラスが必要)、安全靴
対象
製造、生産管理、生産技術担当者 等
参加費
会員 35,200円・一般 57,200円(税込10%)
定員
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、20名様までとさせていただきます。
備考
申込締切日:2022年 2月28日(月)
※参加費は、請求書に記載の期日までに指定銀行へお振り込み願います。なお、銀行へ支払う振込手数料に 
   つきましては、お客様のご負担となりますのでよろしくお願いいたします。


【運営方法】

 新型コロナウイルス感染予防対策として、事務局・講師・参加者の体温測定や手指消毒、換気、座席の間隔確
 保、机の消毒等を実施しております。詳細につきましては、ホームページ(https://www.cpc.or.jp/ie/)を
 ご覧ください。
 新型コロナウイルスの感染拡大状況、講師の都合などの事情により、日程・時間・内容並びに開催形態の変
 更、参加の制限をさせていただく場合がございます。
 申込受付後、1人目の参加申込者の方宛に請求書及び参加証(人数分)をご送付申し上げます。
 ※オンラインにてご参加の方は、参加証に「ご参加にあたっての注意事項」を記載してありますので、必ずご 
  確認願います。
 参加費は、請求書に記載の期日までに指定の銀行口座へお振り込み願います。振込手数料は、お客様にてご負
 担下さい。
 3月1日(火) 以降の参加キャンセルについては、事務局までご連絡ください。
 当日、会場での録音・写真撮影はご遠慮下さい。
 申込締切日 2月28日(月) …遅れる場合は予めご連絡下さい。

【注意事項】
下記事項をご確認、同意の上、お申込みをお願いいたします。

1.講演の録画、録音、配布資料記載事項の無断転載、オンライン参加の場合は画面撮影、画面キャプチャー、
 SNSなどへの掲載を固くお断りいたします。その様な行為が発覚いたしました場合、事務局より削除を要請ま
 たは講師より請求されます損害賠償を請求させていただきます。
2.(オンラインの場合)当方に起因しないシステムトラブルにより画像・音声に乱れが生じた場合について
 は、再送信や返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
3.申込者もしくは代理参加以外の参加はご遠慮願います。(オンラインの場合、視聴URL等は参加されるご
 本人のみ有効です。第三者への転送はご遠慮ください。)
4.本注意事項については、代理参加となった場合は、代理参加者に自動的に適用されます。



問い合わせ先:広瀬・堀部 TEL052-221-1261
TOPへ戻る