本文へ移動

生産物流研究部会

「物流効率化による生産性向上」
 
~ムダを省いた物流システムの構築~      お申込みはこち

モノづくり現場における生産性向上のためには、全体を俯瞰した物流システムの構築がカギを握ります。まずはモノと情報の流れをスムーズにすることでそのネックと停滞の部分を見える化をし、IoTを活用した物流システムの自動化や物流作業の効率化などの改善を加えることで、物流全体のリードタイム短縮につなげていきます。そこで、生産性向上につなげている事例の研究を通して、モノづくりにおける最適物流について考えます。

年間スケジュール

【講演会】
第1例会
 6/30(水)
13:30~17:00
「素材の鮮度にこだわる生鮮・加工食品物流」
 ~製造から配送仕分けまで効率的な構内物流の実現
 イオンフードサプライ㈱ 
                  代表取締役社長  戸田 茂則 氏

 イオンフードサプライ㈱では、イオングループのPCセンターとして、水産・畜産・農産の生鮮3品と生鮮デリカの製造・加工を行い、イオングループ各店に商品供給を行っている。同社PCセンターは、従来スーパーマーケットの各店舗で行われてきた生鮮品の仕入れや加工、配送を一括して行う拠点となり、消費期限の短い生鮮・加工食品をワンストップで生産・物流できるラインを構築し、素材の鮮度にこだわった商品製造を行っている。それらの取り組みについてお伺いする。
「仕入先と輸送業者との三位一体での物流改革」
 ~仕入れ先から製造まで工程スルーの最適物流の構築~
 トヨタ自動車九州㈱ 
                  宮田工務部部長  青木 恵一 氏

 トヨタ自動車九州㈱では、主にレクサス車の生産を行っている。同社では現在、仕入先からライン側までの「手がけレス」を目指し、輸送業者・仕入先・同社による三位一体の物流改革に取り組んでいる。調達物流ではミルクラン・ダイレクト物流の展開、部品物流では安全で効率的な物流を構築する一方で、同工場内ではPレーンの設置や、ライン供給の回数を減らすONE STOP SUPPLYなどの構内物流改革にも取り組んでいる。今回はこれらの取り組みについてお伺いする。
【講演会】
第2例会
 9/1(水)
13:30~17:00
「イノベーションで物流危機を乗り越える
 ~新たな時代を迎えたロジスティクスの将来像~
 明治大学                
    専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授  橋本 雅隆 氏

 現在、日本の物流業界はドライバー不足や物流現場での作業者不足に悩んでいる。一方、製造業では「物を運ぶ」ということに付加価値を持たず、物流業務に極力人を割かない改善を行っている。そして、物流現場ではDXを活用した自動化などを展開し、人に頼らない効率化を進めている。そのような中で、物流現場に起こっているイノベーションとは何なのか。今後、物流現場はどうのように変わっていくのか。そこで、明治大学大学院教授 橋本氏から、モノづくりにおける物流の動向も含めてお伺いする。
「物流事業者による物流DX
 ~出荷工程完全自動化の最先端~
 SBロジスティクス㈱       
                       COO  安高 真之 氏

 「物流自動化」というキーワードが盛り上がるも、多くの物流事業者が倉庫内の自動化に踏み切れないのには、様々な背景・理由がある。そんな中、物流事業を行うSBロジスティクス㈱が自動倉庫・ロボットアーム・自動梱包機などを駆使し「出荷工程の自動化」を実現した事例を元に「物流自動化」時の課題とDX・AI・標準化・プラットフォーム化技術の活用の展望について映像等を交えてお伺いする。
【工場見学会】
第3例会
 10/8(金)
13:30~17:00
豊田鉃工㈱
額田工場
※開催延期
「リフトレスを切り口とした在庫低減と人・設備生産性向上」
 ~安全・安心な職場づくりで原価低減~
 豊田鉃工㈱ 
         生産本部本部長兼生産調査部部長  伊藤 彰浩 氏

 豊田鉃工㈱額田工場では、自動車部品の骨格であるボデー部品を中心に生産している。同工場のプレス工程は、大きなロットで生産し、プレス・組立工程の物の運びはリフトで行い、保管は段積みとリフトありきの作業になっていた。そこで、リフトレスを切り口に“小さく造り、小さく運ぶ”ことで在庫低減を図り、平面で物が流せる“安全・安心な職場”を目指した。また、量変動に対応するため情報の見える化による1人工追求や1人作業化による生産性向上に取り組んだ。それらの取り組みについてお伺いする。
【工場見学会】
第4例会
 11/16(火)
13:30~17:00
​新日本ウェックス㈱
伊勢原工場

「WPS を基軸とした確かな品質とタイムリーな納品・商品管理 」

 ~変化するリネンサプライニーズへのトータルリードタイム短縮~    
 新日本ウェックス㈱
         WPS推進室部長(実践リーダー)
     兼中部生産統括部部長兼情報システム部部長  熊本
  孝 氏

 新日本ウエックス㈱はリネンサプライ業のリーディングカンパニーとして、お客様のニーズに合わせた形で繊維製品を商品企画、クリーニング、物流の全てを自社で一元管理し、お客様に最適なサービスを提供している。同社では、現状に甘んじることなく挑戦する事を常としており、社内独自の改善活動であるWPS(WEX Production System)活動をA部門(営業)+B部門(生産)+C部門(ルートサービス・業務)で推進している。同社伊勢原工場はIT 技術と最新の製造技術を活用し、徹底した作業の効率化と構内物流改善から、品質と生産性の向上を目指した工場である。それらの取り組みについてお伺いする。
【工場見学会】
第5例会
 2022/2/8(火)
13:00~17:00
村田機械㈱
犬山事業所
「工場におけるモノと情報の整流化」
 ~個別受注生産におけるIoTを活用した構内物流効率化の実現~
 村田機械㈱
                L/C製造部部長  三戸  敦 氏

 村田機械㈱のモノづくりの主要拠点である犬山事業所では、個別受注生産において工場内のモノと情報の整流化に取り組み、更なる生産性向上を目指している。部品納入ではIoTを活用し納入業者が部品の移動場所まで直接納入できる仕組みづくりや、生産管理システムでの移動実績の把握を行っている。また、プラモデルキット方式による部品の配膳を行うことで、組立工程で集中して作業できる環境が整えられている。今回は、これらの荷受から組立を中心に一貫した物流管理の取り組みについてお伺いする。

幹事

㈱アイシン
生産・物流改革部TPS推進室室長
笠原  勝 氏
㈱イノアックコーポレーション
物流本部高機能物流部部長
山﨑 和雄 氏
㈱オティックス
調達本部生産管理部主幹
大竹 和之 氏
小島プレス工業㈱
生産企画部物流管理課主担当員
高梨  智 氏
トヨタ自動車㈱
TPS本部生産調査部主査
溝江 真二 氏

開催要領

とき
①2021/6/30(水) ②9/1(水) ③10/8(金) ④11/16(火) ⑤2022/2/8(火) 
ところ
①② …中部生産性本部 セミナールーム 〒460-0003 名古屋市中区錦2-15-15 豊島ビル11階
③④⑤…各受入先工場
対象
IE、物流、生産管理、生産技術、製造部門の方 等
年間登録費
会員:81,950円 ・ 一般:120,450円 (消費税10%込) [1口1名登録]
備考
申込締切日:2021年 6月23日(水)
※年間登録費は、請求書に記載の期日までに指定銀行へお振り込み願います。なお、銀行へ支払う振込手数料に 
   つきましては、お客様のご負担となりますのでよろしくお願いいたします。
※6月24日(木)以降の参加取り消しにつきましては、年間登録費の返金を致しかねますのでご了承下さい。


【運営方法】

①新型コロナウイルスの感染拡大状況、講師の都合などの事情により、日程・時間・内容並びに開催形態の変

   更、参加の制限をさせていただく場合がございます。

②新型コロナウイルス感染予防対策として、事務局・講師・参加者の体温測定や手指消毒、換気、座席の間隔

   確保、机の消毒等を実施しております。詳細につきましては、ホームページ(https://www.cpc.or.jp/ie/)

   をご覧ください。

③各例会とも原則、ご登録をいただきました方々を対象に開催いたします。(代理出席可能)
④各例会開催の約1カ月前に登録メンバーに詳細案内をメールにて連絡いたします。(例会毎に出欠確認をとりま
   すので必ずご返信ください)
⑤各例会とも指定いたしました集合場所・時間にご集合下さい。
⑥都合により若干の日程変更になる場合がありますのでご了承願います。
⑦各例会とも録音・写真撮影はご遠慮願います。
⑧年間の運営ガイダンスは第1例会実施の際に行います。

【注意事項】下記事項を確認、同意の上、お申込みをお願いします。  

1.講演の録画、録音、配布資料記載事項の無断転載、オンライン参加の場合は画面撮影、画面キャプチャー、SNSなどへの掲載を固くお断りいたします。その様な行為が発覚いたしました場合、事務局より削除を要請、または講師より請求されます損害賠償を請求させていただきます。 

2.(オンラインの場合)当方に起因しないシステムトラブルにより画像・音声に乱れが生じた場合については、再送信や返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

3.登録者並びに代理参加以外のご参加はご遠慮願います。(オンラインの場合、視聴URL等は参加されるご本人のみ有効です。第三者への転送はご遠慮ください。)

4.本注意事項については、代理参加となった場合は、代理参加者に自動的に適用されます。


問い合わせ先:堤・堀部 TEL052-221-1261
TOPへ戻る