本文へ移動

品質

【開催延期】2020年度 【前期】IEベーシックコース ※準備中

開催日

5/12(火)~計13日間 → 2021/1/7(木)~計13日間

テーマ

改善の着眼力と実践力の養成

趣旨

生産現場で改善活動を実践する上で必要となる基本的なIE手法について、実務家による講義(計8日間)を通して習得します。その後、日々自社で改善活動に取り組むインストラクターの指導の下、実際の生産ライン(量産ライン)を対象にした現場改善実習(計5日間)を体験。理論と実践の融合により、生産性向上に向けた改善活動のポイントと進め方について学ぶとともにその楽しさを体感します。

講師

企業実務家、学識者

現場実習先

大豊工業㈱ 岐阜工場

参加費

会員272,800円・一般327,800円(税込10%)

開催要領

【開催要領】はこちらをご確認ください。

【開催延期】2020年度 【第1回】“周辺視”目視検査法セミナー 

開催日

5/11(月) → 7/16(木)

テーマ

「不良品探し」から「良品確認」へ~検査の生産性を倍にする画期的手法を学ぶ~

趣旨

外観目視検査の一般的なイメージは「集中力」「不良探し」であり、とにかくよく見ることが求められています。実は、これこそが見逃しが無くならない大きな要因です。その訳は「集中力」は短時間しか持たないことであります。それではベテラン検査員はどうしているかというと「良品の確認」と「リズム」で検査をしています。従来の検査ではよく見ることが指導されていましたが、ベテラン検査員の機能分析の結果、周辺視、瞬間視、衝撃性眼球運動という視覚システムを活用しています。これらの前提条件とリズムによって生産性は倍になり、さらに光源の種類や強さを最適化することで検査での見直しが最大限に削減できます。本セミナーでは、この「周辺視目視検査法」を理解していただけるように解説します。

講師

周辺視目視検査研究所 佐々木章雄氏

参加費

会員 30,800円・一般 36,300円(税込10%)

開催要領

【開催要領】はこちらをご確認ください。

2020年度 【第1回】本当のなぜなぜ分析実践セミナー  ※準備中

開催日

7/27(月)

テーマ

本質的な課題の発見・解決ができる本当の「なぜなぜ分析」を学ぶ

趣旨

「なぜなぜ分析」は、エラー発生に至った事象を論理的に「なぜ?」で問い、仕事の進め方や管理の仕組み上の欠陥を効率的に掘り下げ、根本的解決に導く分析法を言います。しかし、発生した問題に対し十分な現状把握がされていない、また分析の進め方自体をしっかり把握できていないなどの理由により、「なぜなぜ分析」をうまく活用できず問題が再発してしまう場合もあります。今回のセミナーでは、長年生産現場に深く関わってきたベテラン講師から、本質的な課題の発見・解決ができる本当の「なぜなぜ分析」について学びます。

講師

くらたマネジメント研究所 代表 倉田義信氏

参加費

会員 39,600円・一般 44,000円(税込10%)

開催要領

【開催要領】はこちらをご確認ください。

2020年度 【第2回】“周辺視”目視検査法セミナー ※準備中

開催日

10/1(木)

テーマ

「不良品探し」から「良品確認」へ~検査の生産性を倍にする画期的手法を学ぶ~

趣旨

外観目視検査の一般的なイメージは「集中力」「不良探し」であり、とにかくよく見ることが求められています。実は、これこそが見逃しが無くならない大きな要因です。その訳は「集中力」は短時間しか持たないことであります。それではベテラン検査員はどうしているかというと「良品の確認」と「リズム」で検査をしています。従来の検査ではよく見ることが指導されていましたが、ベテラン検査員の機能分析の結果、周辺視、瞬間視、衝撃性眼球運動という視覚システムを活用しています。これらの前提条件とリズムによって生産性は倍になり、さらに光源の種類や強さを最適化することで検査での見直しが最大限に削減できます。本セミナーでは、この「周辺視目視検査法」を理解していただけるように解説します。

講師

周辺視目視検査研究所 佐々木章雄氏

参加費

会員 30,800円・一般 36,300円(税込10%)

開催要領

【開催要領】はこちらをご確認ください。

2020年度 【後期】IEベーシックコース ※準備中

開催日

10/6(火)~計13日間

テーマ

基本的なIE手法の理解と改善実践力の養成

趣旨

生産現場で改善活動を実践する上で必要となる基本的なIE手法について、実務家による講義(計8日間)を通して習得。その後、日々自社で改善活動に取り組むインストラクターの指導の下で、実際の生産ライン(量産ライン)を対象にした現場改善実習(計5日間)を体験。理論と実践の融合により、生産性向上に向けた改善活動のポイントと進め方について学ぶとともにその楽しさを体感します。

講師

企業実務家、学識者

現場実習先

トヨタ紡織㈱

参加費

会員 272,800円・一般 327,800円(税込10%)

開催要領

【開催要領】はこちらをご確認ください。

2020年度 本当のなぜなぜ分析実践セミナー<北陸開催>  ※準備中

開催日

11/11(水)

テーマ

問題の根本的解決

趣旨

「なぜなぜ分析」は、エラー発生に至った事象を論理的に「なぜ?」で問い、仕事の進め方や管理の仕組み上の欠陥を効率的に掘り下げ、根本的解決に導く分析法を言います。しかし、発生した問題に対し十分な現状把握がされていない、また分析の進め方自体をしっかり把握できていないなどの理由により、「なぜなぜ分析」をうまく活用できず問題が再発してしまう場合もあります。今回のセミナーでは、長年生産現場に深く関わってきたベテラン講師から、本質的な課題の発見・解決ができる本当の「なぜなぜ分析」について学びます。

講師

くらたマネジメント研究所 代表 倉田義信氏

参加費

会員 39,600円・一般 44,000円(税込10%)

2020年度 【第2回】本当のなぜなぜ分析実践セミナー  ※準備中

開催日

12/14(月)

テーマ

問題の根本的解決

趣旨

「なぜなぜ分析」は、エラー発生に至った事象を論理的に「なぜ?」で問い、仕事の進め方や管理の仕組み上の欠陥を効率的に掘り下げ、根本的解決に導く分析法を言います。しかし、発生した問題に対し十分な現状把握がされていない、また分析の進め方自体をしっかり把握できていないなどの理由により、「なぜなぜ分析」をうまく活用できず問題が再発してしまう場合もあります。今回のセミナーでは、長年生産現場に深く関わってきたベテラン講師から、本質的な課題の発見・解決ができる本当の「なぜなぜ分析」について学びます。

講師

くらたマネジメント研究所 代表 倉田義信氏

参加費

会員 39,600円・一般 44,000円(税込10%)

開催要領

【開催要領】はこちらをご確認ください。

2020年度 SQCD優良現場研修コース ※準備中

開催日

2021/2/5(金)~計5日間

テーマ

組織を強くする現場運営~工場管理監督者に求められる役割~

趣旨

工場管理監督者にとって必要な知識を座学で学ぶとともに、各社の優秀活動現場の見学と、参加者相互によるディスカッションを通して、工場管理監督者としてどの様な状況においても的確な判断が出来る工場管理力の獲得をめざします。

講師

企業実務家他

現場実習先

【2019年度実績】トヨタ紡織㈱、トヨタホーム㈱、愛知機械工業㈱、ダイキン工業㈱

参加費

会員102,300円、一般140,800円(税込10%)

開催要領

【開催要領】はこちらをご確認ください。

2020年度 【第3回】“周辺視”目視検査法セミナー ※準備中

開催日

2021/2/4(木)

テーマ

「不良品探し」から「良品確認」へ~検査の生産性を倍にする画期的手法を学ぶ~

趣旨

外観目視検査の一般的なイメージは「集中力」「不良探し」であり、とにかくよく見ることが求められています。実は、これこそが見逃しが無くならない大きな要因です。その訳は「集中力」は短時間しか持たないことであります。それではベテラン検査員はどうしているかというと「良品の確認」と「リズム」で検査をしています。従来の検査ではよく見ることが指導されていましたが、ベテラン検査員の機能分析の結果、周辺視、瞬間視、衝撃性眼球運動という視覚システムを活用しています。これらの前提条件とリズムによって生産性は倍になり、さらに光源の種類や強さを最適化することで検査での見直しが最大限に削減できます。本セミナーでは、この「周辺視目視検査法」を理解していただけるように解説します。

講師

周辺視目視検査研究所 佐々木章雄氏

参加費

会員 30,800円・一般 36,300円(税込10%)

開催要領

【開催要領】はこちらをご確認ください。

2020年度 “周辺視”目視検査法セミナー<北陸開催> ※準備中

開催日

2020/3/18(木)

テーマ

「不良品探し」から「良品確認」へ~検査の生産性を倍にする画期的手法を学ぶ~

趣旨

外観目視検査の一般的なイメージは「集中力」「不良探し」であり、とにかくよく見ることが求められています。実は、これこそが見逃しが無くならない大きな要因です。その訳は「集中力」は短時間しか持たないことであります。それではベテラン検査員はどうしているかというと「良品の確認」と「リズム」で検査をしています。従来の検査ではよく見ることが指導されていましたが、ベテラン検査員の機能分析の結果、周辺視、瞬間視、衝撃性眼球運動という視覚システムを活用しています。これらの前提条件とリズムによって生産性は倍になり、さらに光源の種類や強さを最適化することで検査での見直しが最大限に削減できます。本セミナーでは、この「周辺視目視検査法」を理解していただけるように解説します。

講師

周辺視目視検査研究所 佐々木章雄氏

参加費

会員 30,800円 ・一般36,300円(税込10%)

開催要領

【開催要領】はこちらをご確認ください。
TOPへ戻る